目指せ!100万kW 地域でつくる"再生可能エネルギー"

系統接続

系統連系(接続)

  • 現在、全国各地で再生可能エネルギーが盛んに産出されはじめている中、
    地域によっては、
    ・接続検討または接続契約の段階に至り、送電網が満杯で接続できない
    ・接続相談にも乗ってもらえない
    ・接続できるとしても、接続のための高額な費用負担
     接続できる期間が何年も先…
    といった深刻な事態が頻発しています。
    メガソーラー等の設置が集中していて、かつ電力需要がもともと少ない地域等に多く見られる現象です。
    ※接続希望者全体の需要を満たすために、場合によっては十数億円【注】、接続のための送電網や変電設備等の工事に要する期間が2~3年先、等々の事態。
    【注】設備変更が必要な地域における接続希望者の発電出力に応じて案分負担。
    [check]【緊急課題】接続制限のページをご覧ください。
  • このような事態に至らないためには、
    系統接続の流れと手続きに関する正確な知識を得る
    ・計画地の地域だけでなく、その先の基幹送電網や設備の状況を把握する(電力会社に確認)
    等々の事前の調査や確認が不可欠です。

【各地の電力会社の系統連系に関する案内窓口】

お気軽にお問い合わせください。

a:6284 t:1 y:0

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional